艦これ大井ss。 【艦これ・大井SS】提督「艦娘がみんなヤンデレですが、僕は元気です」

鈍感な提督と艦娘たち

艦これ大井ss

vip2ch. 76 ID:oGkrBbc00 提督「さて、誰にしようか」 大井「失礼します」ガチャッ 提督「どうした」 大井「演習の報告に参りました」 提督「そうか。 ちょうど良かった」 大井「はい?」 提督「お前を解体する」 大井「・・・・・・」 提督「・・・・・・」 提督(リアクションが分からん) 大井「そうですか。 65 ID:oGkrBbc00 提督「いくら家が解体後のアフターサービスを充実させていると言っても、少し反応が淡白過ぎやしないか?」 提督「一応様子を・・・・・・」 ドカァン! 提督「なんだぁ!? 」 球磨「死ねえええクマ!」ジャキッ! 提督「わあああっ! タンマタンマ!」 球磨「多摩じゃなくて球磨クマ! 可愛い妹を泣かせておいて、覚悟は出来てるクマ!? 03 ID:oGkrBbc00 球磨「『きたがみざ~ん!!』って大泣きして部屋に飛び込んで来たから何事かと思って事情を聞いたクマ」 球磨「そしたら、大井が解体されるって・・・・・・。 大井が何をしたクマ!」 提督「いや、その」 提督(ヤバイ、冗談だって言えない空気に・・・・・・) 多摩「姉ちゃん、落ち着くにゃ」 球磨「何言ってるクマ、これが落ち着いていられるかクマ!」 多摩「どうせこの提督の事だから、ドッキリに決まってるにゃ。 ね?」ジッ 提督(こ、この目は『ドッキリって言わなければ覚悟出来てるんだろうな!? 』って目だ) 提督「も、もちろん冗談に決まってるじゃないか。 37 ID:oGkrBbc00 提督「ほら、大井ってどっちかって言うと北上の事ばっかりだから、俺とか鎮守府に対する忠誠心がどうなってるのか気になったんだよ」 提督「解体って言われて泣き出すくらいだから、まあ安心だ。 はっはっは!」 球磨「・・・・・・」ジトー 多摩「・・・・・・」ジトー 提督(わ、我ながら苦しい言い訳だったか・・・・・・!? 42 ID:oGkrBbc00 榛名「わ、わかりました・・・・・・」ジャキッ 提督「お、おい、何をする!? 」 榛名「提督にお手間は取らせません。 榛名が自分で自分を解体します」 提督「その方法だと命も解体されちゃうから!」 榛名「提督、榛名は提督の事をお慕い申し上げておりました。 12 ID:1QZuvQSU0 榛名「冗談・・・・・・ですか?」 提督「その、悪かった! 何でもするから許してくれ!」 榛名「・・・・・・」 提督(こういう時はとにかく謝るしかない!) 榛名「許してあげてもいいですけど・・・・・・、今榛名が欲しい物をプレゼントしてくれたら」 提督「おう、もちろんだ。 何が欲しい?」 榛名「指輪です」 提督「・・・・・・マジ?」 榛名「マジです。 榛名は提督のお傍にいる以外の事は考えられないですから」 提督「わかった。 68 ID:1QZuvQSU0 提督「いやー、さすがに焦った。 53 ID:1QZuvQSU0 提督(なるほど、そう解釈したか。 なんて納得してる場合ではない) 提督「おい愛宕、こんな所じゃ誰かに見られ・・・・・・」 愛宕「」ムニュッ 提督「おふっ」 愛宕「提督、私のおっぱいは気持ち良いですか~?」ムニュムニュ 提督(あ、これもう無理)ビュルッ! 愛宕「あらあら・・・・・・。 35 ID:1QZuvQSU0 提督「」チーン 長門「提督、こんな所で何を伸びている?」 提督「おっぱいが・・・・・・、おっぱいが艦隊で攻めて来る・・・・・・」 長門「はあ?」 提督(おっと、うなされている場合ではない。 00 ID:1QZuvQSU0 長門「それは私に言ってるのか? まさかな」 提督「轟沈しやがれ」 長門「・・・・・・提督、あなたはきっと疲れているのだ。 ほら」ギュッ 提督「!」 長門「風呂に入って来たばかりだから、悪い匂いでは無いだろう? こうして気を落ち着けるといい」ポンポン 提督(あれ、長門ってこんなキャラだったっけ?) 長門「きっと深海棲艦との戦い過ぎだな。 00 ID:1QZuvQSU0 提督「ごめんよ長門、ずっと駆逐艦が好きな変態ロリコンだと思ってたよ」 提督「さて、他の子に心配かける前にセリフを変えるか」 提督「これで最後にしよう。 94 ID:1QZuvQSU0 提督「なるほど。 これは案外いいかもしれん。 75 ID:1QZuvQSU0 提督「わかった。 じゃあ死んでくる」 曙「はいはい、どーぞ」 提督「」チャキッ 曙「えっ!? ちょっと、何してんのよ!」 提督「いや、だから死ぬ準備を」 提督(中身入って無いけどね) 曙「ば、バカ! 止めなさいよ!」パシッ! 42 ID:1QZuvQSU0 提督「やはりツンデレはいいものだ。 いたたっ」 電「司令官、どうしたのです?」 提督「おや、これは電じゃないか」 電「電なのです!」ビシッ! 提督(電か。 71 ID:1QZuvQSU0 電「確かここを・・・・・・」ジー カチャカチャ 提督(あれー? どっかで見た事ある展開だなー?) 電「愛宕さんに、司令官さんが元気になる方法を教わったのです!」 提督(よし、愛宕は轟沈ではなく解体しよう) 電「えっと、確かこれを咥えて・・・・・・。 おっきくて電のお口に入るか心配なのです」パクッ 提督「おうっ」 電「いなふまのほんひをみるのれふ!」チュパチュパ 提督(ああ、電が汚されてく・・・・・・。

次の

[B! あとで読む] 提督「大井はツンデレ可愛い」 : あやめ速報

艦これ大井ss

大井「(なんか、すごいお腹痛いんだけど……!)」グギュルルルルルル 北上「大井っちどうかしたの?」 大井「い、いえ! なんでもないです!」 大井「(戦闘中に、それも北上さんの前でお腹が痛いなんて口が裂けても言えないわ!)」 北上「じゃあいくよ~。 九三式酸素魚雷、発射!」ドシュッ 大井「発射!」ドシュッ 大井「(うう……!衝撃でさらにお腹が……!)」 金剛「なんか変デスネー。 いつもはクマをも食い殺しそうな気迫が感じられるのに、今日はそれが全然ないデース」 大井「どういう意味ですかそれは!」グギュルルルルルルル 瑞鶴「でもちょっと顔色悪くない?」 加賀「体調が良くないなら無理をしないで下さい。 わざわざ北上さんが私に気を使ってくれていたのに……」 大井「予想はしてたけど、もう皆昨日のことは知ってるみたいだし……」 大井「これからどうやって生活すればいいのよ……!」 島風「はっやーい!」 大井「……は?」 島風「今の見てたよ! 大井さんってあんなに速かったっけ!? 私つい追いかけてきちゃったよ!」 大井「……あなた、よく今の私に声かけられるわね。 じゃなくて、私はその……漏らしたのよ? ただの腹痛なんかとはレベルが違うの」 島風「だってそれ、被弾したからでしょ? 大破で意識無くなっちゃって色々出しちゃうのも珍しくないんだから、皆が気にしすぎなだけだよ」 大井「私は小破だったし、意識もあったから気まずいのよ! 本人が知らなかったら誰も気にするわけないじゃない!」 島風「……じゃあいいよ。 自分からそうやって塞ぎこんでるならずっとそうしてたら? そんなことしてても何も解決しないと思うけど」 島風「じゃーね。 彼女はあんな事で折れるタマじゃありませんよ」 瑞鶴「あんな事って……!」 大井「何があんな事なんです?」 加賀&大井「!?」 加賀「いつからそこに?」 大井「2人が口喧嘩してる所からですかね」 瑞鶴「それって最初からってことじゃない!」 大井「ええ。 なので話しも聞いていました。 この際はっきり言いますけど、加賀さんの言う通り下手な同情はむしろ迷惑です。 私はもう気にしてませんし、いつも通りでいいです」 大井「今日はそれを言いにきただけですから。 失礼します」タッタッタ 瑞鶴「……」 加賀「……だから言ったでしょう」ドヤァ 瑞鶴「なによその勝ち誇ったような顔!? 私だって大井のことを思って言ったのに!!」 加賀「知ってます。 別に責めていません。 それ」ポンッ 大井「ううううううううううう!!!!!」ブシャアアアアアアアア 大井「あ……あ、あ……」ビクンビクン 北上「……ちょっとやりすぎちゃったかな?」 今度こそ艦.

次の

[B! あとで読む] 提督「大井はツンデレ可愛い」 : あやめ速報

艦これ大井ss

大井「(なんか、すごいお腹痛いんだけど……!)」グギュルルルルルル 北上「大井っちどうかしたの?」 大井「い、いえ! なんでもないです!」 大井「(戦闘中に、それも北上さんの前でお腹が痛いなんて口が裂けても言えないわ!)」 北上「じゃあいくよ~。 九三式酸素魚雷、発射!」ドシュッ 大井「発射!」ドシュッ 大井「(うう……!衝撃でさらにお腹が……!)」 金剛「なんか変デスネー。 いつもはクマをも食い殺しそうな気迫が感じられるのに、今日はそれが全然ないデース」 大井「どういう意味ですかそれは!」グギュルルルルルルル 瑞鶴「でもちょっと顔色悪くない?」 加賀「体調が良くないなら無理をしないで下さい。 わざわざ北上さんが私に気を使ってくれていたのに……」 大井「予想はしてたけど、もう皆昨日のことは知ってるみたいだし……」 大井「これからどうやって生活すればいいのよ……!」 島風「はっやーい!」 大井「……は?」 島風「今の見てたよ! 大井さんってあんなに速かったっけ!? 私つい追いかけてきちゃったよ!」 大井「……あなた、よく今の私に声かけられるわね。 じゃなくて、私はその……漏らしたのよ? ただの腹痛なんかとはレベルが違うの」 島風「だってそれ、被弾したからでしょ? 大破で意識無くなっちゃって色々出しちゃうのも珍しくないんだから、皆が気にしすぎなだけだよ」 大井「私は小破だったし、意識もあったから気まずいのよ! 本人が知らなかったら誰も気にするわけないじゃない!」 島風「……じゃあいいよ。 自分からそうやって塞ぎこんでるならずっとそうしてたら? そんなことしてても何も解決しないと思うけど」 島風「じゃーね。 彼女はあんな事で折れるタマじゃありませんよ」 瑞鶴「あんな事って……!」 大井「何があんな事なんです?」 加賀&大井「!?」 加賀「いつからそこに?」 大井「2人が口喧嘩してる所からですかね」 瑞鶴「それって最初からってことじゃない!」 大井「ええ。 なので話しも聞いていました。 この際はっきり言いますけど、加賀さんの言う通り下手な同情はむしろ迷惑です。 私はもう気にしてませんし、いつも通りでいいです」 大井「今日はそれを言いにきただけですから。 失礼します」タッタッタ 瑞鶴「……」 加賀「……だから言ったでしょう」ドヤァ 瑞鶴「なによその勝ち誇ったような顔!? 私だって大井のことを思って言ったのに!!」 加賀「知ってます。 別に責めていません。 それ」ポンッ 大井「ううううううううううう!!!!!」ブシャアアアアアアアア 大井「あ……あ、あ……」ビクンビクン 北上「……ちょっとやりすぎちゃったかな?」 今度こそ艦.

次の