キングダムネタバレ 635 確定。 キングダム634話最新話ネタバレ・画バレ速報!635話考察も!【週間ヤングジャンプ15号

キングダム636話ネタバレ予想~食糧問題、王翦の驚くべき解決法はこれだ! | 8ラボ(はちらぼ)

キングダムネタバレ 635 確定

その際に、斉王に他の6国を滅ぼした後、民をどう治めるのか?返答次第では第二の合従軍を作って秦を滅ぼすと言われました。 政は「法で治める」と言って斉王を納得させ、斉は秦の天下統一まで他国に協力しないという秘密同盟を結ぶことに成功しました。 つまり秦と斉にはつながりがあったわけです。 その時の同盟が伏線になってここで生きてきた! だからこそ、王翦が昌平君に 「斉と交渉して倍の値段で食糧を買って鄴へ運んでくれ」 という一見、無茶な頼み事をしても、それがちゃんと実現するのです。 王翦もきっと斉王が秦を訪問したことで頼みやすくなったと理解していたはずです。 そういう意味では今回の展開はお見事な展開でした。 完全に読者の予想を上回り、満足できる内容だったと思います。 その際に10万人の首を切り落としているとか。 さらにこの後にまっすぐ北上して宜安・武城を攻略しますが、李牧に大敗して死亡説、逃亡説が出ています。 王翦は難攻不落とされたアツヨを精製部隊で落としています。 現実問題として、趙の軍隊は各地に残っており、単純に趙王を倒せば滅亡するわけではないでしょう。 史実としては李牧が趙王により処刑されるまで李牧によって痛い目に何度も遭わされています。 それでも最後は王都・邯鄲を攻め落として趙を滅亡させています。 王翦が何を考えているか分かりませんが、 ・すぐに邯鄲に向かう ・周りをもっと平定して戦力を整えてから邯鄲に向かう このどちらかでしょう。 邯鄲は鄴から近いし、勢いのまま邯鄲に向かう可能性は高そうです。 李牧がどの時点で処刑されるのかによって滅亡する時期が早まりそうですね。 このままだと趙を滅亡させるまでにあと5~6年は余裕でかかりそうだから、少しペースを早めるなら李牧の処刑がもっと先にあってもおかしくはありません。 一方で、趙の軍事力としては今回の朱海平原での戦いで暁雲ら有力な武将を失っています。 また鄴を取られて弱体化した趙を狙って他国が攻めてくることも考えないといけません。 なのに李牧は趙王により邯鄲に連行されてしまい、指示が出せません。 胸騒ぎがしている李牧ですが、秦からの水軍以外に何か手があるのかな?しかしこの大事な場面で趙王からの使者が来て、邯鄲に帰れとは。 空気の読めない趙王だなぁ。 そうやって占拠する面積をじわじわ広げていけばやがては趙を滅亡させることもできるでしょう。 李牧も邯鄲さえ守っていればいいというわけにもいきません。 史実では今の趙王の次の王様に代わった途端に更迭され、その直後に邯鄲は陥落して趙は滅亡します。 李牧を失えば趙は一瞬で滅亡すると王翦も言っています。 作者の原先生が李牧をどこで殺すかによって物語は大きく動きそうですね。 キングダム639話ネタバレ予想&考察のまとめ ここ数週間続いていた王翦の驚くべき食糧調達方法がようやく判明してスッキリしましたね。 秦軍も鄴を攻略してここからさらに本格的に趙攻めが始まります。 王翦の軍略にこれからも注目です! キングダム639話のネタバレ確定速報! 2020年4月16日発売の週刊ヤングジャンプのキングダム639話より、確定速報を紹介します。 先週から引き続き、食糧が届いて喜ぶ鄴の信たちの様子から始まります。 キングダム639話ネタバレ確定「食糧が届き、鄴の攻略を達成!」 前回、斉から大量の食糧が届きびっくりする飛信隊の面々の驚き喜ぶ様子が描かれました。 斉王は前回の最後で登場して、秦に食糧を倍の値段で売りつけていました。 斉王・王建の久しぶりの登場でしたね。 大きな利益が出る取引であれば乗ってくるのは間違いないところ。 斉の水軍にも被害が出ないように秦の水軍のほぼ全軍を出陣させたのだと思いますが、これから色んな場面で斉の動きがポイントになってくるかもしれませんね。 斉の飯はうまいぞ」 そうほくそ笑んでいました。 目の部分しか描かれてないので今回は口から蛇が出てるか分かりませんが。 副長・渕も食べながら指示を出してます。 尾平は美味すぎて痙攣を起こしてます。 「今までで一番うめえ!」 そう言ってどんどんおかわりする飛信隊。 その一方、河了貂は料理を作りながら指示を出して食べてませんでした。 そこへ信がやってきて 「お前がちゃんと食べろよ」 そう言って肉まんを押し付けます。 きちんと食糧を行き渡らせようとはりきる河了貂に、お前だって怪我してるだろといって、料理番は竜有に任せます。 河了貂は緊張の糸が途切れたのか、すとんと床に座り込み、嬉し涙を流す。 「本当に・・・届いてよかった!」 信は言います。 「蒙恬はびびってたぞ。 多分、王翦将軍は出陣前に手回ししていたはずだって」 そしてさらに、 「俺には何が何だか分からねえが、秦軍が半年余裕で食えるくらい食糧がある」 鄴(ぎょう)に届けられた大量の食糧。 これは鄴の秦軍が半年は余裕で食べていけるだけの量であることが判明。 これだけ大量の食糧があれば、鄴に半年は立てこもることもできますし、鄴周辺の趙軍との戦いもできます。 これで鄴も一安心ですが、列尾を攻め落としてこそ鄴攻略が完了ですね。 おそらく鄴だけで10万ぐらいはいるでしょう。 それが半年分。 食糧さえあれば鄴は籠城しても陥落することもない。 だから軍が力を回復すれば、ここを拠点にして討って出ることができる。 そう蒙恬が言っていたと信。 って、全部、蒙恬の受け売りじゃねえか! 思えば鄴攻めは長かったですね。 最初は黒羊に向かい、急に方向を変えて列尾を攻め、その後、楊端和、王翦、桓騎と3手に分かれて戦場に向かい、犠牲をたくさん出しながらも、ようやく鄴攻めを成し遂げました。 最初は不可能と思われていたのに、たいしたものです。 そして鄴陥落の吉報は秦の都・咸陽にも届き、喜びに湧く政や昌文君たち。 鄴(ぎょう)に斉から食糧が届いた知らせが咸陽(かんよう)に届いた場面。 鄴攻めに参加した軍が全滅することを覚悟したほどの戦いで、政にとっても大きな賭けに近かった戦いでした。 手に汗握ったと思いますが、送り出した以上はあとは信じて任せるしかない。 これも政の戦いでしたね。 昌平君曰く、 「正攻法では六国制覇は無理。 犠牲を伴うが奇策中の奇策が一つ。 それは鄴攻め」 「しかし策として下の下。 全滅をも視野に入れる覚悟が必要」 政も覚悟はしていたものの、鄴攻略の吉報を聞いて 「よくやってくれた!信・・・」 そう思って拳を握りしめるのでした。 キングダム639話ネタバレ確定「一方、その頃李牧は・・・?」 趙王の逆鱗に触れ、手枷をつけられて趙の都・邯鄲へ護送された李牧。 今は手枷をつけられたまま地下牢で幽閉されています。 李牧と会話するのはご存知・郭開! 公開斬首の刑を言い渡されましたが、しかし李牧はまだ鄴(ぎょう)を巡る戦いは終わっていないと目の輝きを失っていません。 鄴はまだ陸の孤島であり、鄴を孤立させるための様々な戦略を描きますが、郭開(かくかい)には受け入れられない様子。 これでは趙はその状況を悪くする一方ですね。 「李牧殿は公開斬首の刑に処されるそうだ。 お気の毒に」 そうニヤニヤしながら話しかけます。 李牧もそれは覚悟していたが、やはり鄴攻めにやり残したことがあるのか、 「一度ここから出してもらえませんか?鄴の戦いはまだ終わっていないのです!」 まだ李牧の目は死んでいません。 郭開も「何?」と問いただします。 李牧曰く、 ・鄴は奪われたものの、今は陸の孤島状態 ・列尾と鄴を繋がれて初めて脅威になる ・そこに橑陽 りょうよう も加われば王都圏の南半分が秦の領土になる つまり鄴と列尾、橑陽をつなぐ三角形の地帯が秦の支配下になるわけです。 しかし郭開は「列尾は扈輒(こちょう)将軍が塞いでいる」と反論するが、李牧は、 「足りません。 秦はさらに軍を追加して列尾抜けを狙ってきます。 」 「さらに鄴からも出陣するでしょう」 ではそれに対する李牧の策は? 李牧の策は周辺国との和平策です。 要は秦が列尾攻めに専念できなくなるようにすればいいわけです。 そこで! ・燕、魏に使者を送り秦を攻めさせる しかし郭開は、 「うるさい!そう言って外に出て死罪を免れるつもりだろう!」 でも李牧は必死です。 「せめて馬南慈や雷伯に今の話を伝えてほしい!」 でも郭開は「分かった」とその場では言ったものの、結局誰にも伝えなかったという。 あーあ、こいつのせいで趙が滅びるのが早まったわけだ。 キングダム639話ネタバレ確定「討って出る昌平君の策とは?」 一方その頃、秦では昌平君が動いていました。 まさに李牧が恐れていた展開へ。 秦から隣接する魏の西部へ侵攻していたある軍がその場を離れて、大挙して列尾へ移動し始めました。 次のページ、見開きでドーン!!! 「騰の軍勢である」 久々の大将軍・騰(とう)の登場!列尾攻略を任されましたが、李牧の進言を受け入れない趙王とその取り巻き郭開。 これで騰にとって有利に戦いを進めることができそう。 また列尾は城がわざと弱く造られていますので、城外戦で勝てば城は取り返しやすいはず。 鄴ー列尾ラインが成立しそう。 何年ぶりだろう、騰。 けっこう騰って好きなんだよな。 久々に騰の戦いが見れそう。 つまり騰の軍勢による列尾攻めと同時に、鄴からも列尾を攻めようとするでしょう。 昌平君から王翦へ連絡が行ってるかどうかは分かりませんが、列尾を攻略しないといけないのは両者とも分かってるはず。 となると阿吽の呼吸で、王翦は誰かを列尾に向かわせるでしょう。 予想では王翦が認める飛信隊、王賁、蒙恬たちを向かわせるのではないか? 史実では騰は韓を滅亡させるというから、騰の出番は当分先かと思ってたが、思ったより早く登場して嬉しくて堪らん。。。 次回も期待したいですね。 そんでもって安彦先生と原先生の対談とインタビューとかが載ってボリュームは大きいです。 キングダムをzipで無料ダウンロードするのはヤバい!? 今って漫画とかネットで無料でダウンロードしたり閲覧できるサイトがありますよね。 かつての漫画村のような海賊版サイトが。 「タダで読めるなんてええなぁ!」 そう思って、以前試してみたことがあったのですが、結論を言うと出来ませんでした…。 海賊版サイトは調べるといくつかあるのですが、いずれも海外のダウンロードサイトを利用しています。 ダウンロード画面では 無料プランと有料プランがあります。 30日プランとか90日プランとか複数用意されています。 私は課金するつもりは一切ないので、「Free」で試してみました。 しかし無料プランだと数字を入力するときに突然、別の怪しいページが開いてしまい、 パソコンのセキュリティソフトが激しく反応してしまいました。 もちろん、慌てててページを消しましたけど、怖くてダウンロードできませんでした。 でも、ここで諦めるのはもったいない! そう思って再度、ダウンロードしようとしたら、 「次のダウンロードまでは11時間21分待ってください」 と表示されて、膝から崩れ落ちました(笑) おそらくプレミアム会員とかになれば、この待ち時間はなくなるのでしょうね。 いずれにしろ、 キングダムのzipファイルを無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染するリスクがかなり高いことが分かりました。 安全に無料でキングダム最新刊を読める方法がある!? キングダム最新刊を海賊版サイトで無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染する確率がかなり高いと説明しました。 実は、ウイルス感染の危険を冒さなくても、 無料でキングダムを読む方法はあるんです。 それはズバリ、 U-NEXT ユーネクスト です。 U-NEXTは漫画が26万作品、洋画・邦画の映画が8100作品も見放題の日本でも有数のエンタメが楽しめるサイトです! 「キングダム」はもちろん、ジャンプ系の「ワンピース」や「ヒロアカ」「鬼滅の刃」「ブラッククローバー」などの単行本最新刊もしっかり押さえてます! 見放題の作品を見るには月額会員になる必要がありますが、大丈夫です! U-NEXTは31日間の無料トライアル期間があるので、継続して利用しない、という方でも安心して解約できます。 ちなみにキングダムのアニメも見放題です! 私はつい夜更かししてアニメ全話を一気にみてしまいました笑 31日間の無料トライアル期間が終わる直前に解約してしまえば全く料金は発生しません。

次の

キングダムネタバレ635話【最新確定速報】桓騎軍が鄴を陥落!残るは兵糧問題!

キングダムネタバレ 635 確定

2020. フテイ 青歌に司馬尚将軍っているのか? カイネ わからないけど、今は向かうしかない。 そして、青歌に着いた一行。 しかし、司馬尚は不在とのこと。。。 李牧 どうしましょうかー しかたありません。 近くで待機しましょう。 司馬尚の戻りを待ちましょう。 場面が変わるー 趙宮殿 司馬尚が趙王に謁見 司馬尚 いま、趙の軍は割れ、 このままでは、秦の思うつぼ。 すべて私にお任せください。 必ずや秦軍を返り討ちにして見せます。 カクカイ ふっ、何を言っているのだ。 王都軍が出れば、秦を追い返すなど 容易いわ。 司馬尚 いまのまとまらない軍では、 秦軍と戦いながら、李牧の軍にも狙われる。 いくら王都軍が強固でも打ち砕かれる。 私が李牧を取り込み、 再び秦国との戦いに向かわせましょう。 それが新たな趙王にとっても 王都軍にとっても一番よい選択だ。 カクカイ くっ・・・ そんなことができるのか? 司馬尚 なんとかうまくまとめて見せます。 そして、秦軍を打ち倒せなかったときは、 李牧 […]• 2020. それを止めようとする 昌平君、昌文君。 政 もう国内で争いをしている場合ではないのだ。 あの呂不韋さえも説き伏せ、 中華統一のために従わせる。 そのために河南へ行くのだ。 昌平君 それなら行くのではなく 呼び寄せてはどうですか。 敵地に赴いては、呂不韋の思うつぼです。 政 来ないだろう。 呼び寄せるのに何か月。 何年かかる。 自ら行って話をするのが一番早い。 それなりの数で向かう。 準備をしてほしい。 昌平君 わかりました。 私も同行いたしましょう。 政 頼む。 心強い。 数日後、河南に向かう 政の軍が咸陽を立った。 場面が変わる 河南 呂不韋の元に伝令が来る。 伝令 呂不韋さま、大王自ら大軍を率いて 咸陽を出陣。 ここ河南に向かっているとのことです。 呂不韋 まさか、何故だ。 伝令 目的はわかりませんが、 総司令官と昌平君とともに かなりの数で出陣したとのことです。 呂不韋 ほっほっほっ。 我に謀反のおそれありと。 潰しに来たか。 くっくっくっ 呂不韋 […]• 2020. カイネが想いを告げる カイネ 李牧様、私は李牧様のために。 李牧 カイネ、よくここまで付いてきてくれました。 わたしもあなたのことを大切に思っています。 カイネ 李牧様。。。 そして、熱い夜を過ごす二人。 翌朝- カイネが目を覚ますと 李牧がいない。 カイネが慌てて テントの外に出ると 李牧が立っている。 李牧 カイネ。 ありがとう。 おかげでまた生きようと思えました。 あなたにはいつも助けられてばかりです。 これからも側で支えてください。 カイネ はい!もちろんです! 涙を流すカイネ。 李牧 さぁ、行きましょう。 瞬水樹と合流しますよ。 カイネ はい! 趙宮殿 司馬尚が趙王に謁見 司馬尚 いま、趙の軍は割れ、 このままでは、秦の思うつぼ。 すべて私にお任せください。 必ずや秦軍を返り討ちにして見せます。 カクカイ ふっ、何を言っているのだ。 王都軍が居れば、秦を追い返すなど 容易いわ。 司馬尚 いまのまとまらない軍では、 […]• 2020. そして嘉の開放した者たち。 そこに敵が襲い掛かってくる。 一瞬にして殺されてしまう 側近の官僚。 嘉は、李牧とカイネが 死守。 趙玉座 カイカクが指示を出し、 嘉・李牧の首を 王都軍を使ってでも挙げよ! と声を上げている。 邯鄲を脱出する 嘉と李牧。 そこに王都軍が襲い掛かってくる。 何とか振り切った 李牧軍。 追っては、北門にいた 馬南慈の軍が何とか食い止めた。 そして、李牧の知人が治める北の城へ たどり着いた嘉。 しかし、そこで泣き崩れる嘉。 嘉 李牧。 すまぬ。 何という王族だ。 李牧 何とか態勢を立て直すまで 気を強くお持ちください。 そして、馬南慈の軍に合流するため 引き返す、李牧とカイネ。 その夜、野営。 さすがに疲れ切っている 李牧とカイネ。 李牧 もうさすがに疲れました・・・ 先に寝ていいですよ。 カイネ カイネ はい。 李牧様が寝たら 私もすぐに寝ます。。。 李牧 変わりませんね。 ガンモンを出てから何年経ちましたかね・・・ 急に泣き出すカイネ。 カイネ す、すみま […]• 2020. 丘の上にオウセン。 そこに 亜光、倉央、田里弥 オウホン、蒙恬 遅れて、信がやってくる。 一同、苦笑い そこに伝令がやってきて・・・ 伝令 李牧の処刑が中止になりました! 驚く、一同 場面が変わる趙 王が倒れ、 カクカイが焦っている。 そこに嘉の配下の者が現れ カクカイを抑制する。 嘉によって 開放される李牧。 場面が変わり 平地をポツンと歩く李牧 それを見つけたカイネが、 李牧に駆け寄ってきてハグ。 そこに、嘉がやってくる。 嘉 李牧。 すまなかった。 しかし、秦国がすぐそこまで 迫っている。 何とか手立てはあるか・・・ 李牧 はい。 可能な限り。 場面が変わるオウセン本陣 目の前に趙軍が攻めあがってきて 驚く一同。 オウセン これも李牧の指揮か。 全員厳しい表情をしている。 場面が変わる趙王宮 嘉、李牧、カイネ、その側近が 宮殿で話をしている。 そこに兵が攻め入ってくる! そして、カクカイ登場。 太子様。 前趙王からの遺言です。 次の王は、幽繆王とする。 そして、幽繆王の登 […]• 2020. その元に悪夢の報せが。 地下牢 カイカクが囚われの 李牧に話しかける カイカク ようやく明日 李牧殿の処刑が執行されることが 決まりました 王の裁断です。 最後に何か言っておくことは ありますか? 李牧 混乱に乗じて必ず 秦軍は半ば強引に 攻め込んできます。 最終的に受け止めるべく 防衛戦略を カイカク ふむ、ほかには? 李牧 カイネたちに 決して愚かな真似は しないようにと 去っていくカイカクと付き人 カイカクの付き人 李牧殿の最後の言葉・・ 防衛のことは コチョウ将軍に お伝えするとして もう一つは、 やはり奴らの首領の 瞬水樹に・・・ カイカクが付き人を殴り倒す。 カイカク 奴の遺言など誰にも 伝えぬわ。 アホウが カイカクは全てをねじ曲げる。 そして趙王は 最初から全てが歪んでいる 第644話 桃泉殿 趙宮殿 趙太子 父上、李牧だけは 殺めてはなりませぬ。 これだけは子の分際でありながら これだけは何としても 諫めさせていただかねばなりませぬ。 たしかに李牧は ギョウを奪われました。 そ […]• 2020. 将軍・李信の物語はここから! 信が将軍になってから 信の屋敷では 三日三晩宴が続いた。 だが そこからは 忙しかった。 信が将軍になったことで 飛信隊 そのものの 規模も大きくなったからだ 飛信隊の構成図 総勢1万5千。 もはや軍となった 飛信隊は、 次の実戦に備えて すさまじい練兵を繰り返した そして一月後に 軍総司令昌平君の 号令の元 再び激戦の待つ地へ 出陣していった。 目指すは 秦国の東端 対趙国 前線 最大の拠点となったギョウ。 ギョウへの移動中 蒙恬と遭遇する信 蒙恬 李牧が死罪になるそうだ。 信 いや、俺はなってほしくない。 蒙恬 ・・・・ 蒙恬 お前の気持ちもわかるが、 李牧が死罪になれば、 我々は、数万の兵が命を救われるんだ。 信 わかってるよ! 俺は、オウキ将軍の仇 李牧を討って、大将軍になる。 場面が変わる邯鄲 舜水樹・カイネが 李牧を救出しようと 牢に忍び込むが、 王都軍の待ち伏せに遭い、 返り討ちになってします。 舜水樹は、暴 […]• 2020. 秦国には、東へと向かう大行列が。 久々の再会。 話をしている テンが昌平君に呼ばれて 朱海平原の戦の報告に来たとのこと テンが、 楽華隊の副長が 蒙恬とモウキの親代わりで ホウケンに討たれた話をしている。 そして、信がホウケンを討った話。 そしてたくさんの犠牲が出た話。 そして、モウキが、 列尾の向こう側が今どうなっているか 話始める。 新しい領土には、 李斯が派遣されて 国づくりに奮闘している。 そして、趙軍も攻め込んでくるが、 オウセンが優位に進 […]• 2020. 政 ところで信- 将軍になるには問題がある。 信 ちょっと待てよ。 そりゃねぇーだろう。 政 政 いや・・・ そこまで深刻な問題ではないのだが・・・ 政 姓が必要なのだ。 いままでなかったこともおかしいのだが。 実際、漂もここへ来てすぐに姓を付けた。 「李」という姓だ。 信 李漂!へー そっか、漂は姓をもらってたのか -信と漂の回想- ぜったい二人の名を将来歴史に刻むんだ へへへ じゃぁー 俺も李信にする。 政 了解した- テン ええっいっいいの信!?そんなに軽く! 信 李信と呼べ。 カカカカ 【李信】 二千年以上も後世に武名を残すことになる 名前の誕生であった 秦趙連合軍編、終結! 次シリーズ設計のため、キングダムは 3回休みます! キングダム ネタバレ 641 列尾で再会した信と壁。 激戦をくぐり抜けた二人- 壁 信!無事であったか! 信 あぁ、壁も! 敵将を討ったらしいじゃねぇか。 聞いているぞ。 壁 あぁ、みなの助けがあってな。 お前の活躍も聞いているぞ。 信 […]• 2020. しかし、ギョウへサイから 兵糧が運び込まれたことを聞いて 愕然とする。 瞬水樹 まさか、、 オウセン。 どこまで先が見えているのだ。 ここに攻めてきた秦軍はおろか、 黄河の水軍さえも、 囮であったのか・・・ コチョウが瞬水樹に話しかける。 コチョウ 李牧殿が敗戦の責を問われ 投獄された。 この後の全軍の指揮は、 誰が執るのだ? 瞬水樹 必ず李牧様は、戻ってくる。 それまでに今の状況を悪化させることなく 守るのだ。 所詮、ギョウは、趙国内に浮かぶ 秦国の孤島。 兵糧が運び込まれたからと言って 状況は変わらない。 コチョウ そうだな。 まだ趙軍の方が 優勢なことに変わりない。 瞬水樹 コチョウ将軍。 ここは任せてよいか? 私は、李牧様を迎えに行ってくる。 コチョウ あぁ、任せろ。 李牧殿を頼む。 瞬水樹は、列尾を離れ、 趙の首都邯鄲へ向かった。 列尾から瞬水樹が離れることまで オウセンは読んでいたのか? その翌日、トウ軍が 列尾に到着。 […]• 2020. 楽しそうな飛信隊。 テンも泣きながら 食べている。 テンと信が 笑顔で話している。 テンは疲れ果てたのか その場に倒れこむ。 そして、泣き叫んでいる。 テンは、 これまでの悲劇をくやしがる。 それを励ます信。 松左、去亥、オウホン 戦い敗れていった者たちをしのぶ。 場面が変わる咸陽 ギョウに兵糧が届いた吉報を受け 喜ぶ高官たち。 政もほっと胸をなでおろし 玉座に倒れ込む 場面が変わる李牧 牢屋の番人に 必死で、趙の今の危機的状況を説明するが まったく耳を傾けてもらいない様子。 再び咸陽 昌平君が次の一手を告げる。 場面が変わる。 謄の軍。 なんと謄の軍が列尾に向かって進軍していた! 一旦、ここまで。 随時更新します! またきてください! キングダム ネタバレ 639【復活の秦軍】 夜のギョウに火がともる。 秦軍 兵糧だ! 田里弥 そう焦るな!全員分ある。 秦の […]• 2020. その謀とは・・・ カンヨウで出発前、 オウセンが昌平君に話をしている。 その内容は・・・ 場面が変わる。 リョウヨウ。 壁が、山の民と話をしている。 それを聞いて話を始める 楊端和とキタリ。 場面がかわる列尾 岸から船を見る介億 無残な秦の船軍に驚愕する介億。 舜水樹 やはり黄河を使ってきたか。 お前らの策は、お見通しだ。 場面が変わる。 ギョウ 秦軍は、餓死寸前。 全員、空を見上げ寝転んでいる。 場面が変わる李牧 馬車に拘束されている李牧。 趙王の兵からあおられ 激しく暴れ出す。 再び、ギョウ。 夜のギョウ。 門が開く。 すると・・・ なんと!大量の兵糧が 続々と運ばれてくる。 驚く飛信隊。 !!! 続々と運び込まれてくる兵糧。 飛信隊 いったい、どこの軍が・・・ 兵糧を持ってきた兵 待たせたなぁ! 兵糧を持ってきたぞー!! 抱き合って喜ぶ飛信隊。 ギョウ場外 カイネが駆けてくる。 ギョウに運び込まれている兵糧を見て驚く カイネ いったい、どこから兵糧が。 どう […]• 2020. 遠目からニヤリと笑っている介億 介億 思いの他、早くバレたな・・・ まぁ、よい補給軍を退かせよ。 本命はここではないからな・・・ 場面が変わる 李牧 舜水樹、鳥で知らせた通り、 秦軍は、必ず黄河を使って 兵糧を運ぼうとするでしょう。 場面が変わる 舜水樹 けっ、 そのままんかよ。 場面が変わる 黄河を兵糧を積んだ秦の船が進んで行く。 順調に進んでいるように見えたが 突然、趙軍の船が現れて 大量の矢を浴びてしまう。 場面が変わるギョウ げっそり痩せてしまった飛信隊の面々。 城の上に寝そべっている。 尾平 もうだめだー 信のもとに一人の兵がやってくる。 兵 隊長、芋を2つ見つけました。 信 ありがとう。 ひとつは、キョウカイに届けてくれ。 もう1つは、お前が喰え。 場面が変わる李牧 李牧 まもなくですか、 再びギョウを取り返す。 李牧 しかし、何か嫌な予感がする。 オウセン、、 黄河以外に兵糧を運ぶ術はないはず・ […]• 2020. 飢餓と疲労が重くのしかかる中ー 不落の城にたゆたう 祖国の御旗。 それは願い続けた勝利の証ー 苦しみながらも歩き続けた 朱海平原後続軍は、 ようやくギョウに辿り着き、 ギョウに掲げられた秦の旗を見て 歓喜を上げる。 げっそりやせこけた 渕副長・尾平 城に近づくと 城から信がかけてくる。 喜び抱き合う、 信と飛信隊の面々 しかし、ギョウにも 兵糧がないことを知り 肩を落とす飛信隊。 ギョウの場内では、 オウセン・カンキ それぞれの将軍が集まり 次の戦略を話している。 遠目からギョウを見る李牧。 李牧もまた、ギョウ奪還の 作戦を考えていた。 場面が変わる 秦首都 カンヨウ ギョウを落とした知らせが カンヨウに届き、 喜びと兵糧が尽きていることを 心配する政たち。 場面が変わる。 ー列尾の近くー 介億が兵糧を運んでいる。 それに気づいた趙軍が 攻めてくる。 そして、運んでいた兵糧に火を 付けられ燃えてしまう。 そこに現れたのは、 列尾を守る舜水樹 趙軍が […]• 2020. ギョウ陥落へ 迫りくる飢餓の恐怖から、 軍隊へ反旗を翻したギョウの民たち。 ゴゴゴゴ 城門が開く カイネ フテイ !!! うそだろ・・・ 悔しそうにうつむく李牧 ギョウ開門・・・ 市民が雪崩のごとく 駆け出してくる 次々と門が開くギョウ 次々と出てくる市民 マロン ふぅ、ようやく開きましたか・・・ 場内に入り込むカンキ軍。 次々とギョウの兵士を倒していく あっという間に、 1ヶ所の門を制圧する カンキ軍 遠目から見ている李牧 くやしそうなカイネ ギョウ場内 馬に乗り逃げる準備をしている城の貴族 屋根の高台に登りそれを見ている城主 城主は、そこから飛び降りて死亡 ギョウの城壁に登り カンキ軍の旗を立てるカンキ兵 ついにギョウ陥落 カンキの元に現れるオウセン。 ピクリともうごかないカンキ。 オウセンを見てニヤリと笑うカンキ ギ […]• 2020. ギョウの救出へと急ぐ 李牧の後を追い、 飛信隊が駆ける!!! 趙軍の背後から、 信と田有が斬りかかる。 飛信隊が、趙軍に襲い掛かる。 背後から攻められていることに気付く 先頭の李牧 それでも先に進む李牧。 しかし、かなり焦っている様子。 ギョウ場内の様子 陥落間近ー 民と趙兵の もめ合いが一層激しくなる。 いたるところで火が上がっている。 そして、城主は、ついに決断するー 再び、李牧 倉央・糸凌も 趙軍を削っていく。 しびれを切らした 李牧は、秦軍の追撃に出る。 李牧の指示を受けた紀彗の軍が 反転し、深く入ってきた 秦軍を絡めとる! 倉央・糸凌は、 四方囲まれたことに気づき 一旦、後退する。 そして、夜が明けようとしている頃 李牧がギョウに到着。 しかし、城の前に立ちはだかるカンキ軍 その主力は、ゼノウ一家。 李牧軍に襲い掛かるゼノウ軍。 それを見て、 一気に責め立てようとするオウセン ギョウ周辺で再び 秦趙の激しい戦いが 繰り広げられる中・・・ ついに! ギョウの門が開く。 そして、場内から民が […]• 2020. 鉄壁と思えた要塞が崩壊するまで、あと少し・・・ 場面は、ギョウ マロン おやおや さわがしーですねー もしや中で暴動でも? くくく カンキ兵 さん、はいっ! カンキ兵一同 カンキ軍は 一般人を殺さぬ 城を明け渡せー カンキ軍は 一般人を殺さぬ 城を明け渡せー カンキ兵が 城の中の一般人に向かって叫んでいる。 ギョウ場内では、 外に出してくれ。 と叫ぶ 一般人とそれを抑制しようとする 趙兵がもめている。 そしてついに、 趙兵が、一般人をやりで突き刺してしまう。 城の外 オギコ あっ頭!あれ見て! 城の中から煙が出ている オギコ 火事よ!火事ー! マロン お頭・・・ カンキ あぁ いよいよだな。 カンキ マロン。 ゼノウ一家を そろそろ奥から呼んでおけ。 マロン はい。 そうします。 2020. そして、目を覚まさないキョウカイに気付く信。 キョウカイを抱きかかえる信。 そして目を覚ますキョウカイ。 再び、歓喜の飛信隊。 キョウカイの回想 真っ白い世界で キョウカイの前に象ねぇが現れる。 象ねぇ 本当に無茶するねぇ。 残念ながら、お前の寿命は やはり縮まってしまった。 そして、命の炎が弱まるから 二度とこの術は使えないよ。 しかし、あんたにも好きな男が 現れるとはねぇ。 キョウカイ 好きとかそういうのじゃない。 象ねぇ じゃぁ、好きという気持ちじゃなくて 気になるようになったのはいつからだ。 キョウカイ それなら、出会ってすぐの頃から・・・ 象ねぇ そうなんだ。 そんな前から・・・ 象ねぇ もう、そんなに時間がないから 悪い話が1つ。 そしていい話が2つ。 悪い話は、さっきも言った通り、 寿命が縮んでしまったこと。 ここでの話は、忘れてしまいがちだから しっかり覚えておくんだよ。 そして、いい話は・・・ 回想終わり 目を覚ますキョウカイ 喜んでいる飛 […]• 2020. , , , 本バレ キングダム ネタバレ 631 死者の魂が行き交う。 天地の間を進む信。 命懸けで迎えに来た キョウカイだが・・・ 信が階段を登ろうとしている 黄泉へと続く道ー。 必死に信に話かけ 止めようとするが、 信には聞こえていないようだ。 そしてキョウカイは 体が重くなる。 それでも必死に 信に呼びかける 叫ぶキョウカイ。 はっと振り返る信。 しかし、キョウカイには気付かない。 するとそこに現れたのは ヒョウ。 ヒョウと信が語り始める。 信に気付いてもらえない キョウカイは、焦る。 信とヒョウが 楽しそうに話している。 キョウカイは、 徐々に息苦しくなってくる。 そして、また階段の前にやってくる 信とヒョウ 階段を登ろうとして 足を止める信。 信にしがみつく キョウカイ。 信は、ようやくキョウカイに 気付いた。 信 キョウカイ! お前 こんなとこで何してんだ いつからここに どうした 立てるか? キョウカイ 割とさっきから・・・ もう、立てないから起こして 信 ん? しっかりしろオイ 信がキョウカイを 抱え上げる。 キョウカイは、 信に抱きつき、泣いている。 そして、信がヒョウに語りかけ […]• 2020. 嘆き悲しむ飛信隊の輪の中へキョウカイが 我、命の火を灯しに行かん。 表紙:裸のキョウカイ 信の元へ向かって走る オウホン・蒙恬 そして、信の元へ辿り着き うずくまっている飛信隊の面々を見る。 そしてキョウカイが話始める。 キョウ族に伝わる1000年の力で 信を生き返らせる! キョウカイは、 呪文を唱え始め、 目が血走り 幽体離脱。 真っ白な世界。 遠くに人の姿を見つける。 近づいていくとそれは、 姉の仇、幽族の蓮だった そして、そこに象ねぇも現れて キョウカイは、自分の命と引き換えにしても 信を生き返らせる! と叫ぶ。 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 24 カテゴリー• 119• 5 最近のコメント• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に visiter より• に ネタバレ ウォッチャ より アーカイブ•

次の

キングダムネタバレ最新話635話確定速報!桓騎と李牧の戦いはどう決着?

キングダムネタバレ 635 確定

絶賛暴動中の愚民 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第634話 ) 戦局はほぼ趙が詰んだので、神 作者 もここからは程よいダメージを趙軍に与えつつ、なんやかんやで李牧は上手く逃げましたの体裁を整えていかなくちゃいけませんね。 鄴陥落後の秦軍の食料も、正直、今はカナリ自由度の高いネタバレ予想をすることが出来ます。 桓騎を包囲していた趙の周辺軍が消えているとか、昔に描いていたものであっても、ある程度は無かったことに出来る様になってきているのが最近のキングダムなので。 もうここまで来たら、別に王翦が499話で昌平君に託した依頼がなんであれ、戦の勝利には関係ありませんよね。 なので少し早いですが、どちらかと言えばここからは、李牧側の立場として、ほぼ負けが決まった状況から、いかに残存将校らを上手く逃がすかが見ものになってくるでしょう。 また、同時に敗戦の原因その物と言える、ワラワラと鄴から出てくる愚民供の面倒というか始末と言ったらいいか、宰相としてどの様にふるまうべきかも李牧は問われています。 この点、いままで一体何をしていたのか分からなかった、鄴城主の趙季伯が生存しているかどうかにも関わってくるかもしれません。 そして、ここで、もう一度王翦が李牧をスカウトしたとしたら、もう部下のほうから「今度こそマジで降伏しろよ!」などと言い出す連中もいるかもしれません。 個人的には、鄴に先行したコトで先に敗戦を悟った李牧が、体よくフテカイ&バナージの四人で王都圏に逃げ戻り、現在、殿で奮闘中の紀彗が取り残されて王翦にテイクオーバーされるネタバレ予想の実現を楽しみしています。 馬呈含めて紀彗軍は過去に喧嘩両成敗の仕置きを喰らっているあたり、別に趙本国に恨みこそあれ、義理を尽くす筋合いなんかは少しも無い連中だったりです。 なので、もし李牧が先行して紀彗を置き去りにして逃げたら、馬呈なんかはどれだけ飛信隊が嫌いであったとしても、それ以上に李牧に恨みを感じるやもしれません。 紀彗&馬呈『永劫の忠誠を誓う!』 王翦『許す。 』 なんてやり取りはのネタバレは無いではないでしょうか。 キングダムネタバレ-趙季伯の安否 趙季伯が住民達の狂気の反乱で、まんま鄴の行政府ごと丸焼きにされるなり、囲まれて撲殺されるなりしていたとしたら、鄴は完全に統率喪失して混乱の真っただ中にあるでしょう。 さすがに今さら趙季伯後継者みたいな奴が新キャラで出てきて、城内の収集に努めていくなどといった事態も考えにくいですから、精々、各城内の部隊長レベルでの現場指揮の範囲で動くことが出来ないコトになります。 残った趙兵はそのまま住民達の暴動に巻き込まれるか、職務放棄して少しでも住民達の怒りの槍玉から逃げようとするに違いありません。 こうなると、桓騎も全面の李牧軍だけの動きに対処すればいいだけなので楽チンです。 そして、一方で趙季伯がまだ生存していたらと考えると、李牧軍の到着を見て内側から何か作戦らしき動きを見せるんじゃないだろうか?と警戒しておきたいトコロです。 この点で第634話のラストを見る限り、到着した李牧の姿が見えた瞬間に住民供が出てきてしまった様が描写されていますが、多分、この様子が次週のネタバレ内容の取っ掛かりになりそうな気がします。 何となく、私がそう感じただけの話でしかないんですが、どうも住民達自身が力づくで城門を内部からこじ開けたようには見えない点で気にかかっています。 むしろ、わざわざ李牧が登場してくれてたこのタイミングで、まるで、大きくカイネらの士気を下げさせ、嫌がらせのようにいきなり門が開いた鄴城…。 これ、もう趙季伯さんワザとやってない!?とか内心突っ込みを入れたくなりましたよね、実際。 (泣) あるいは、鄴は大きな城なので、城内に、もともと中央に向かって何重にも城壁で仕切られている作りになっているでしょうから、いくら暴動が起こっていたとしても、簡単には趙季伯の身に住民達の暴力が届くとは思えませんでした。 もしかすると、古代中国の話なので描かれることはないでしょうが、多少民衆を間引くなり見せしめにして、手にかけるでもすれば、あと数日は鄴は持ったのかもしれません。 しかし、そこに登場した趙の朱海平原軍。 ちょ~と、趙季伯をはじめ鄴城内の守備兵の皆さん達が、早漏気味に安心してしまったのかもしれません。 いずれにせよ、李牧の立場で考えてみたら、一般領民が混在してくるような戦場でどうやって戦闘するんだよ?って話だと思います。 当然、李牧としても、彼らを裏切り者の非国民とでも断罪して、桓騎軍と一緒に攻撃してしまえとの号令を出せたかもしれませんが、作品とキャラクターの性質上、それは無理だと断言できます。 趙季伯の城主としての最適解は、自ら臨戦態勢で城外の様子も確認できる体制を整えておいて、民衆に自重を促し、李牧到着の報告が到着するなり、城に打って出て桓騎軍を挟撃するコトだったのですが、城内の統率が完全に崩壊してしまいそれどころではありません。 城から趙兵が出てきたら、李牧にとっての援軍ですが、先に出てきたのは住民ども…。 もちろん、趙季伯寄りの立場で考えてみて、先に暴徒と化した住民どもを外に吐き出して、城内の兵士の統制を取り戻すとか、前向きな解釈をする余地もあるでしょうが…、 流石に神 作者 がそこまで趙季伯を気に入る理由もありませんし、今まで何もしてこなかったこの城主にそこまでの配慮があるとも思えません。 なので、有体に言えば住民供を李牧に丸投げしただけの趙季伯さま…。 こうなると鄴の保全を優先すべきか、桓騎軍の攻撃を選択すべきか、住民の保護を取るべきか? さらに背後の王翦への備えもどうにかしなきゃで、はい、これもう趙軍は戦争ドコロじゃありませんね。 (泣) 今から現実的に李牧が出来る事となれば、城保全は自軍がまだ届いていないので無理なので、ゼノウ軍&雷土軍と戦いながらなんとか城門が閉まるのを祈るしかありません。 しかし、収容難民の大多数が城外へ噴出していくために、それもままならないでしょう。 そして、この難民たちが李牧に対して戦闘の邪魔にならないように、順次、遠く離れた場所に移動して待機してくれるなんて都合のいい話も起こるハズがありません。 「宰相さま~!オラたち外に出たかっただけだから、戦の邪魔にならないトコロに今すぐ移動するべ~!」 絶対ナイナイナイナイ!(汗) 百パーセント李牧にとっての障害物にしかならない連中でしょう。 ネタバレ予想としては、こうして李牧軍がゼノウ&雷土の部隊と、住民どもの始末にとらわれている間に、桓騎残りの側近である摩論と黒桜があっさり城内に侵入。 当然、開門に気が付かないで暴動しまくってる住民も残っていて、ロクな迎撃態勢も取れずに趙季伯が桓騎に取っ捕まる。 そして、鄴陥落が李牧に分かって撤退するしかないよな…。 ってトコロが大筋のネタバレ予想となりますね。 李牧としても桓騎に捕まった趙季伯へ配慮する余裕などないでしょう。 あるいは、桓騎も王翦の今の秦軍が食料問題の解決の目途が付いていないのが明確である為に、残った住民と趙季伯などは、李牧から食料を献上させる交渉材料として使うというネタバレ予想がなり立ちます。 例えば今ある趙軍の食料と物資を全部置いて、裸で王都に帰れとかいいんじゃないでしょうか? 桓騎軍の『ぎゃははははは~!ゲラゲラゲラゲラ!!』という罵倒が聞こえてきそうです。 ちなみにフテイのチンチンはメチャクチャ小さいような気がします。 先端がドリルのようになっていると思われます、スピード自慢なだけに。 キングダムネタバレ-楊端和とはいつ合流? 食料といえば、もう鄴と遼陽なんかは普通に行き来できてもおかしくありません。 当初は各戦地が趙兵の待機戦力によって遮断されているから連絡は無理だと壁が遼陽で悩んでいましたが、 山の民軍と犬戎軍が連合した状態で、元々は遼陽は治外法権下であったという設定を考慮すれば、遼陽を兵站の発信源にしたらもうこのまま趙国内でズット戦い続けるでいいんじゃないかと思えてきます。 もう、忘れてしまった方もいるかもしれませんが、四次元ポケットみたいな収容能力を発揮していたあの遼陽城です。 秦軍に対しても無尽蔵に食料を提供し続けることが出来る、謎の生産設備を備えていてもおかしくありません。 笑 楊端和との王翦&桓騎の合流は、楊端和とキタリが第600話で15日の最終決着が勘で分かると言っていただけに、彼女らが合流するつもりであるならば、山の民軍は既に鄴に向かって南下している頃合になろうかとも思われます。 王翦としても予定では、楊端和の軍は遼陽方面軍を阻止するのが目的だったので、単に彼女らが目的を達成したから帰ってきたの体であれば、予想外でも何でもなかったりします。 15日目から数えて既に18日目ですから、おそらく李牧が最後にカッコつけて…、 「見事です王翦。 しかし貴方たちには桓騎軍を含めてもう食料がもうありません。 」 「それは鄴の食料を自ら燃やしてしまったアナタが一番よく知るハズです。 」 とか、最後まで口上戦で粘ろうとしている最中に…、 「ん?」と人生2回目のリアクション。 (参照:第346話) ここで、楊端和が大量の食料を伴って帰着(泣)!! 李牧にとっては、遼陽での敗戦後に列尾に兵力約9万を伴って遁走した舜水樹ですが、彼がどうなったのか彼が把握している様子がありません。 これが、遼陽軍敗戦について、何の申し送りもなく、勝手に列尾で待機しているのだとしたら、ただのアホ話でしかないんですが、今のキングダムを読んでいると、別にそれがオチだったとしても、納得できてしまいそうなのがコワいところです。 皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。 どうぞお気軽に。 キングダムは史記に書かれていることを元に展開していく物語ですが、趙国の現体制が秦国の圧力に屈して瓦解しつつある時代の流れを神(作者)がどの様に描くのか、そこに魅力的な登場人物たちがどのように関わっていくことになるのか、行く末を見守るのも楽しみの一つです。 ぶちゃけ拠点としてのアツヨ攻略はもうなかったコトになっているのかな…。 と半ばあきらめがついている感じです。 田里弥がゆっくり残留軍と南下していくといっているぐらいなので、「ああ、本作品ではもうアツヨ関係ないのね。 」というのが率直な印象でしたね。 鄴が飛び地になりそうな件に関しても、この点、個人的には敗戦処理を兼ねた外交交渉と、現趙王の崩御による史実の強制イベントとの連動で、ごっそり趙の領土が東側に後退する結果になるとかなんじゃないのか?などと割と秦側に都合のいい結果を想起したりしているトコロです。 タンワが奪った遼陽城周辺も山脈の東側とは言え、拠点としていまだに何かに使う様子もないので、列尾に向けた退路確保のための要撃や圧力牽制に動き出すとかもありかな?といったかんじでしょうか。 連投失礼します >人<; ずっと気になっているSSS(昌平君サポートサービス)ですが、遠征軍だけで鄴城攻略に成功したところを見ると遠征軍のピンチの際のお助け機能ではなかったようですね。 この状況であればSSSは秦国による鄴城占領後のこの地域の統治体制作りに関わることなのかも知れない、とも思うようになりました。 鄴までを領土とすることになれば趙国土の半分を占領するような状態になる訳ですから、かつて魏国から奪った山陽(東郡宣言)以上に広大な地域なので国境警備に割かれる人員はかなり多くなるし、統治者が変わることから内政も外交も難しくなるものと想像しますので、どうやって統治するのかは大きな見所の一つになるように思います。 SSSはその流れを滞りなく速やかに行うための王翦と昌平君の打ち合わせであったのではないだろうか?とも思いましたが、バトル漫画であるキングダムではあまり詳細には描かれない点のようにも思います。 さて、SSSの予想ですが、以前からログでも戦後処理を目的としたもので、そもそも戦闘や兵支援とかは関係ないんじゃないのか?といった視点での考察はしていました。 特に、キングダム本編では、史実ネタでは有名な政の猜疑心を欺くための自作自演の「めちゃくちゃ領地とかご褒美にこだわるガメツイ王翦」の設定とはカナリ違う印象の王翦なので、この点と本編で描かれた「自分の領土 くに 」の意図するところと王賁の非嫡子疑惑にかんする線あたりでネタバレが回収されるもアリかなと思っています。 いずれにせよおっしゃるように、戦後の政治交渉の準備は大いにあり得ると思います。 とくにカナリ長い期間、政治面でのキングダムの動きが出てきていないので、趙王の崩御+夏太子が敗着になって、ベタですがおバカな時期太子が更なる暗君で趙にとっての致命的な敗戦処理のミスと無冠関係でもないような気がします。

次の