ジーパン ウエスト 詰め 方。 ゆるくなったウエストの詰め方

ズボンの足や裾幅を細くしてぴったり自分サイズにするお直しのやり方

ジーパン ウエスト 詰め 方

1:自分のウエストを鏡できちんと位置を確認する 2:できるだけ斜めにならないように注意しながらメジャーを巻く 3:一度深呼吸をしてお腹の力を抜く 4:メモリの0と重なった場所を測定する 大切なのは、メジャーが斜めにならないようにきちんと注意することと、 お腹を引っ込めたりせずリラックスした状態のウエストを計測することです。 ウエストは服のサイズを左右する場所なので、無理なくすっきり服を着るためにも、できるだけリラックした状態の本当のウエストサイズを把握して置いた方が良いでしょう。 もちろん、メジャーをギュッと締め付けるのも良くありません。 お腹に食い込んだりしていないかも鏡で確かめながら測定すると良いかもしれません。 また、ウエストの位置はできるだけ毎回計測前に確かめましょう。 微妙に位置がずれるだけでもかなりサイズは変わってきます。 位置を確かめるところからきっちりやった方がより正確に計測できるはずです。 メジャーがない時の対処法 メジャーがない時は、 紐と定規で計測することも可能です。 計測方法はメジャーを使った時と同じ。 メジャーのかわりに紐を使うだけです。 計測できたら最後に紐を定規で測れば自分のウエストのサイズが正確に導き出せるというわけです。 他にも、 自分の首の太さを2倍にするとウエストサイズになるという説もあります。 たとえばボトムスが履けるかどうかを確かめたい時はボトムスを2つ折りにして首に巻きつけると良いです。 きっちり巻きつけられたらウエストは入るし、そうでなければウエストは入らない、と判断できます。 これはおおよそのサイズになりますが、目安の測り方として知っておくと便利です。 理想のウエストサイズの導き方 出典: ちなみに、男性のウエストの計測方法は女性ほど複雑ではありません。 女性はくびれの位置で計測すると決められていますが、 男性の場合はおへその少し上と決まっているのです。 測り方も女性と同じ。 斜めにならないように注意しながら力を抜いた状態で測定しましょう。 男性の場合はウエストと腹囲はほぼ同じサイズになります。 健康診断ではウエストが大きすぎるとメタボ認定されて生活改善の指導が入ることもあります。 普段から意識して引き締めておいた方が良いでしょう。 正確なウエストを計測する最適なタイミング 男性も女性も食後はお腹がぽっこり出てしまうという方も少なくないでしょう。 正確なウエストを計測するためにはやはり、 空腹時の方が良いです。 女性の場合はむくみでもウエストサイズが大きく変わるので、よく眠れて疲れをあまり感じていない時の方がウエストサイズも少なく計測できそうです。 定期的に自分でもウエストを計測して、自分の体調と共に増減を記録しておくと自分の傾向を知ることができます。 38」 ・日本人の平均ウエストサイズ「65~70cm」 ・男性の場合はへその少し上がウエストになる ・空腹時に測るのがベストタイミング ウエストは体のパーツの中でもサイズの増減が激しいパーツです。 少なければ少ないほどOK!と考えてしまいがちですが、定期的に計測して自分の健康管理にも活用するとより健康的に過ごすサポートになると思います。 服のサイズも左右するものなので、ついついキツめに計測してしまいがちですが、正直に自然な状態でのウエストサイズも把握してみてくださいね。

次の

ジーンズに使われるボタンを取り外してウエスト幅を詰める方法

ジーパン ウエスト 詰め 方

ジーンズのウエストゆるい場合はどうすれば良いの? ジーンズのウエストが緩い場合の対処方法としては、以下が考えられます。 1 洋服のリフォーム店に詰めてもらう 2 自分で詰める 3 洗って縮める 4 ゴムやベルトを使う 一番確実で安心なのが 1 の「洋服のリフォーム店に詰めてもらう」ですよね。 でも、手間がかかるし、ジーンズの場合は特にステッチがあるのでリフォーム店も慎重になるものです。 費用はお店によっても異なりますが、安くても1,500円程度から、ウエストと両脇を調整すると4~5,000円かかる場合もありますし、それなら別のジーンズを購入した方が安くつく、ということになりかねません。 では、 2 の「自分で詰める」場合、どのように詰めれば良いのでしょうか。 自分できちんとした詰め方をしたいのであれば、ステッチ用のミシン糸は必須ですし、詰める箇所を一度解いてカットして縫い直すというのが手順になります。 そして、詰める箇所についてはいくつか考えられますが、見た目を重要視するのであれば、両脇で詰める(両脇のステッチを解き、緩い寸法だけカットしてステッチを掛け直す)というのがセオリーです。 他に、後ろ中心で詰める方法もありますが、これだと、後ろ身頃だけ狭くなるのですよね。 その結果、前後のバランスが崩れてしまうのが難です。 また、前中心で詰める方法だと、前身頃というのは複雑な構造なので結構難しい部分があるのですよね。 あと、ウエストベルトについても、継目が目立つ結果になりますが、脇で詰める方が良いでしょう。 (前中心側で詰めようとすると、ズボンの曲線部分が体の曲線部分と合わなくなることが多く、変になるため。 ) ただ、ジーンズだと生地が厚いものが多いので、縫い代が重なって分厚くなるかもしれません。 もしそうなったら、少しずらして作業しましょう。 では、 3 「洗って縮める」というのはどのような方法でしょうか。 次にこの方法についてお話しします。 スポンサーリンク ジーンズのウエストを縮める方法は? この方法、ジーンズを縮めたい場合に挙げられる方法の1つですが、正直言っておすすめしません(汗) というのも、要は 熱の性質を利用して縮めるだけなので、どちらかというと、必要なウエストだけを詰めるのでなく、 全体的に縮むことになります。 だから、思い通りに縮まなかった、という結果になったり、 色落ちする可能性があるのです。 それに、 熱を加えるというのは生地が傷むことに繋がるのですよね。 ジーンズは比較的分厚くて丈夫という印象がありますが、熱を加えていくとクタクタになってしまうのですよね。 一応やり方を書いておきます。 (浸け置き時間は30分から1時間程度です。 また、汚れ落としではないので、洗剤や柔軟剤は不要です。 3 サイズを測り、まだ縮み具合が足りなければ 1 2 の作業を繰り返し行います。 (直径1. 5~1. 6cm程度がちょうど良いようです。 ) この商品のゴムは、一定間隔毎にボタンホール(約5mmの大きさ)があるので、自分のサイズに合わせてゴムの長さを調節できるのですよね。 時々子供のズボンだと、最初からウエストを調節できるよう、このゴムがついている商品もあります。 なので、我が家では子供のズボンを購入してウエスト調整する場合は、よくこのゴムを後付けして使うことが多いです。 ボタンホールゴムを使う場合、以下のように作業します。 1 ズボンのウエストの裏側だけ、ゴムを通す穴を開けます。 開ける位置は、ボタンを付ける位置が、前側のベルト通しの裏にするのが良いので、その位置よりも1cm程度外側が良いでしょう。 2 切った穴がほつれないよう、糸でかがります。 3 ボタンを片方だけつけます。 (つける位置は、ベルト通しの裏にして、縫い目が目立たないようにしましょう。 ) 4 ゴムを通します。 5 ボタンをつけない側のゴムをウエスト部分に縫い付けます。 この時、縫い目はウエストの表側に出ないようにしましょう。 6 ボタンのある方にゴムを引っ張り、必要な長さにゴムをカットして、端がほつれないよう、三つ折等にして縫います。 7 ボタンをはめて完成! ゴムが余る場合は折り返して再度ボタンをはめておきましょう。 ちなみに、ゴムを通すとこのようになります。 (表) (裏) 少しゴムが入っているなあ、という縮み方ですが、この程度だと、実際に穿いた時には気になりませんよ。

次の

ジーンズのサイズ&シルエット変更・テーパード加工など…

ジーパン ウエスト 詰め 方

スカートのウエスト直し自分で! ウエスト部分が大きくてブカブカという場合は、自分で簡単にお直しすることが出来ます。 いくつかの方法をご紹介しますが、まずは、チャチャッと縫ってしまう方法からご紹介しますね。 一つ目の方法は、ウエストの余った部分をつまんで縫ってしまうという方法です。 一番手軽にすぐ出来て、表からの仕上がりもキレイです。 出来れば、両サイドで、同じくらいの長さをつまんでおくと、あとで仕上がりがキレイです。 面倒な場合や、あまり大きくつままなくても大丈夫な場合は、左右どちらかでつまんでおいてもOK! スカートを裏返して、さっきつまんだのと同じ幅で、半返し縫いで縫っていきます。 私は、面倒なので、縫わずにこのまま履いていますが・・・。 ゴムが縫い付けられているものの場合は、初めにご紹介したように、つまんで縫っておくのが早いので、そちらをおすすめします! スカートのウエストをつめる方法! あと一つ、スカートにホックがついている場合です。 このような留め金がついているものもありますよね。 この場合は、留め金を縫い付け直してあげれば解決です! この留め金の名前は、「スプリングホック」というものです。 もともとついているものをほどいて付け直してもいいですし、100均の手芸コーナーにも置いていました。 これは、セリアで購入したもの。 普通のスプリングホックは布の端についているので、裏側に縫い付けられていますが、ウエストを縮める目的で新しくフックをかけるバーを縫い付ける場合は、表側にする方がキレイに収まります。 「このあたりにバーがついていたらいいのになぁ」というところをあらかじめ決めておきます。 決めた位置で針を刺して、バーの穴に針を通します。 画像のように、4か所を縫い付けます。 これで、ウエストを詰めてフックを引っ掛けることが出来るようになりました! チャックはフックを止めてから、上がるところまでしっかり上げて履いてくださいね。 フックでしまっているからといって、チャックを開けてるままにしていると、ひょんなことから、中が見えてしまう事もあるかもしれないので、ご注意ください。

次の